(並木良和さん)100の位置に立つためのワーク

イメージワーク
(並木良和さん)100の位置に立つためのワーク

100の位置とは

別名、ダイヤモンドの位置、ゼロポイント、銀河の渦巻きの中心の位置。
ここからずれると統合は起きないし現実にのめりこんでしまいます。
現実にある場所ではなく、意識のポイントで「現実というスクリーン」の幻想に気が付いてスクリーンから100完全に離れた場所。

ハイヤーセルフとまっすぐつながっている意識状態。
自分が創造主であることに気が付いている意識状態。
本当の自分と一致している状態。
今、この瞬間を生きる状態。

上下の位置関係は、下から地球、プラチナフィールド、100の位置、あなた、ハイヤーセルフ、その上にさらに宇宙の源、まっすぐ一直線になっています。

今までは100の位置を見つけるために努力が必要でしたが、現在、地球を取り巻いている目覚めの磁場であるプラチナフィールドが厚くなったので、100の位置を意識するだけで簡単に立つことができます。

このワークの目的は、いつも100の位置を意識して、ずれたらすぐに気が付いて修正できるように、忘れないように心に刻み付けることです。

統合用語説明3
統合用語説明2
統合用語説明1

コメント

タイトルとURLをコピーしました