【風の時代】新しい自分になるシェルターのワーク

イメージワーク
【風の時代】新しい自分になるシェルターのワーク

【風の時代】新しい自分になるシェルターのワーク#並木良和

このワークの基本情報

【シェルター】
現世、過去世で身につけてしまった、古い、あやまった信念、制限と常識の殻、これをシェルターとします。
人間には顕在意識・潜在意識・無意識の3層の意識にシェルターがあります。
このワークでこれらをくずします。
今、宇宙から私たちに、新しいエネルギー、情報を持った光が、沢山降り注いでいます。これによってシェルターにすでにヒビが入ってきています。なのでシェルターを簡単に崩せるということです。このシェルターワークは何回か繰り返すとよいそうです。

【意識の種類】
顕在意識・・・普段使っている表面の意識
潜在意識・・・その下にある日常意識しない意識
無意識(超意識)・・・さらに深い意識

【みぞおち】
太陽神経叢、第3チャクラ

【黄金の球体】
風の時代は地の時代の上が下を支配するピラミッド社会の構造が崩れ、丸い球体のような社会になります。
球の表面はどこに点をとってもそこが中心になれます。
新しい時代は誰もが平等に主人公です。リーダーです。英雄です。黄金の球体はそういう社会を象徴しています。

【黄金の球体の核】
その時代の全情報とエネルギーが含まれています

【地の時代(眠り)の生き方の観念と信念】
親、社会、過去世の体験から刷り込まれた信念体系
例、人生はつらくて複雑で難しいもの、思い通りにならない、苦労の連続、何かを得るためには犠牲が必要、努力しないと幸せになれない、好きなことを仕事にしていきていくことはできない、働かないと生きていけない、豊かになるために一生懸命努力しなければならない、現実は甘くない、etc.
※今まで私たちはこういう眠りの観念と信念により現実を作り出していたのです。

【このワークの成果】
現実はスクリーンという境地に自然に到達できるようになります。人生はつらいもの厳しいものという観念が崩れ、甘いものやさしいものシンプルなものになっていきます。
変わるために努力するのではなく、自然に変わって行きます。
あなたの細胞から変わって行きます。
変化するためにがんばる、目覚めるためにがんばる、その発想は実は眠りの世界です。
あなたは新しい世界、簡単に変わって行ける世界へシフトします。

【アイアムプレゼンス】
直訳は「私は存在している」
スピリチュアル的には「最高の自分の周波数」「大いなる自己」

基本の統合ワーク用語説明
https://imagework.net/integration-work-terms/96/
https://imagework.net/integration-work-terms2/254/

【統合するときの位置関係】
下から地球、プラチナフィールド、ダイヤモンドの位置、あなた、ハイヤーセルフ

【ダイヤモンドの位置】
別名100の位置。統合を起こす意識のポイント。
ここからずれると統合は起きない。
その位置は現実というスクリーンがあって、そこをゼロとして10ずつさがって100まで下がる位置。
ハイヤーセルフや宇宙の源と直列して一致できる位置。
実際に自分が動いて体感で一致できる位置を探す。
目を閉じて光っているところでもよい。
部屋が狭いとか動けないとかの場合、自分の手でダイヤモンドの位置を引き寄せてもよい。
天の川銀河の中心に立っているとイメージしてもよい。この方法でもダイヤモンドの位置に立てる。

【プラチナフィールド】
あなたの周囲360°はるか地平線のかなたまで広がっているとイメージする。プラチナシルバーのフィールドは地球を取り巻いている目覚めのための磁場であり地球の周波数の影響を受けない場所。海のように波打っているが地面のように立つことができる。

【源と天の川スパイラル】
私たちが直接創造主のエネルギー(源)とつながれないため、天の川銀河の筒状のエネルギーを経由してつながる。天の川銀河がスパイラル状になっている。

【オクタヒドロン】
ピラミッドの上下を合わせたような形。
正八面体。
ネガティブな周波数を目に見える形にして効率よく統合するのに使う。

【バイブレーションビルディング】
感情(周波数)はとらえどころがないので具体的な形・色・重さにして手放しやすくする。物理的に持てないほどの大きさ重さにしてよい。(地球と同じ大きさ、100兆トンなど)

【スキマを確認する理由】
脳は自分のモノと信じていると絶対に手放さないので、脳が自分と切り離された別のモノと認識するためにオクタヒドロンと体のスキマを確認する。そうすると周波数を手放しやすくなる。

【胸の前の扉を開く意味】
背後の宇宙空間のように見えるのはあなたの潜在意識である。
胸の前の扉を開くことで潜在意識の扉を開くことを意味する。

【意図すること】
ワークの時のエネルギーの流れは意図に沿った形で動く。
具体的なイメージが見えなくても「こうしている、こうなっている」と意図することで、エネルギーの流れを作り、ハイヤーセルフのサポートも得られる。
意図することが大事。

※※※イメージワーク販売中※※※
理想の未来とつながる瞑想、過去世誘導瞑想、ハイヤーセルフとつながる瞑想など7本セットでお得です。

よろしければこちらからどうぞ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました